大切な自分を守るために

fat girl worry about her weight

女性はどれだけ自分のことを大切にできているでしょうか。自分を守るためには、やはり自分が一番しっかりしなくてはなりません。それは望まない妊娠を防ぐためにも必要な意識です。
日本ではおよそ30万件の中絶手術が実施されていると言われています。毎年のようにこれだけ多くの女性が体と心に大きな傷を負っているんです。もちろん、これは女性だけが悪いわけではありません。パートナーとなる男性にも大きな責任があります。ですが、男性が取れる責任なんてほとんどありません。中絶手術の費用を持ってもらう程度のことでしょう。本当に傷を負うのは女性だけなんです。
こういったことを防ぐにはやはり女性が自分でしっかりとしなくてはなりません。避妊に対して高い意識を持つ必要があるんです。実際に自分を大切にできている女性は望まない妊娠を防ぐための意識を高く持っています。そんな女性が選んでいるのが低用量ピルなんです。低用量ピルはコンドームなどと違い、女性で完結できる避妊方法です。特に男性に何も要求することなく確実な避妊ができるんです。
低用量ピルを利用するときに女性が不安に思うのは、今後の妊娠に影響を与えることがないかといったことです。いずれ妊娠を望んだときに低用量ピルを利用していたことで影響が出るのではないかと心配する女性が多いんです。ですが、低用量ピルを利用していたからといってその後の妊娠に影響を与えることは一切ありません。服用を止めれば妊娠が可能な体に戻ります。妊娠をした際に胎児に影響が出ることもありません。
妊娠を望んでいない女性は自分を守るためにも低用量ピルを利用するようにしましょう。